鉛温泉 藤三旅館

というわけで、昨日は会社サボって藤三旅館ってとこに行ってきました。
風呂も飯もあんまりキョーミないもんで、どこでもいいやってテキトーに決めたんだけど、なかなか良いとこだった。

写真撮ってきたのでいくつか。
(クリックで拡大表示するよ)

20080930A.jpg

ブレブレで恥かしいかぎりなんだけど。

なんか千と千尋みたいな雰囲気。

入り口の辺りが薄暗いからかな?
中の光が入り口からポワっと漏れてて、山姥の家みたい。

表現が悪いけど、決してキモいとか怖いっていうんではないんだ。
なんていうか普段どおりじゃない感じが楽しめるっていうか。

20080930B.jpg

階段の手すりがなんか不思議なつくり。
調子に乗ってタタタッと上ってくと突き指必至。

バリアフリーなんて面白くもなんともないよね。

20080930C.jpg

部屋の窓を開けると、真下に川。
いま流行のマイナスイオンが沢山。

結構な勢いでザーッっと流れるんで神経質な人はウルサく感じるかも。

ってな感じでなかなかいいロケーションでしたよ。
風呂と飯はあんまりキョーミないので感想なし。

ただ、ひとつ気になったのは、どこでも雰囲気を著しく損ねてる「消火器」対策。
自然素材な感じの布をかぶせて、パッと見、消火器だって分からないようにしてたんだけど、消防の許可もらえるもんなのかなあ?
旅館の人に聞いたら「別に消防から注意されたことないですよ」と言ってたけど、それでOKなら消火器は赤くないと思うんだ。。。

 

トラックバック(0)

このブログ記事へのトラックバックURL:
http://1000leaf.net/MT41/mt-tb.cgi/172