園児セプター養成 その1:ゲーム進行できるようになった

子供にカルドセプトを教えはじめて1週間くらい経過したのでいままで覚えたことの記録を残したいと思います。

とりあえず、なにも教えなくてもゲームを始めて終わるまではできるようになりました。プレイ回数は通算10回くらい?
毎日朝ごはんの前にカルドセプトやっとります。

今日までで分かったこと、教えなくても出来るようになった事

  • 対戦プレイを開始する事が出来る。
    メニュー項目は漢字で書かれてるんだけど、たぶん字の形でなんとなく覚えたんだろう。
  • ぐるぐる回って、空き地にクリーチャー置いて、土地レベル上げて、他人に踏ませて、目標額持って城に戻ったら終了。っていう基本的な流れは分かった。
  • サイコロ振った後で△を押し、どこで止まるかを確認してから進む事が出来る。
  • 土地レベルを上げることができる。ただし止まった土地の周辺の土地なら操作できると思っている様子。
  • クリーチャーと土地属性が合うとクリーチャーが強くなる事、クリーチャーが隣同士で配置されると強くなる事は理解した。ただしまだ具体的な数値ではない。
  • 他人の土地に止まった時、勝てるクリーチャーを選んで侵略戦を仕掛けることが出来る。表示されるガイドに従ってるだけだけど。
  • 戦闘の基本的な流れは分かったようだが、攻めと守りという概念が理解できておらず、戦闘で負けた方が通行料を支払うと思っているフシがある。
  • 戦闘でアイテムを使う事が出来る。というか使えるカードは何であれ使う。

まとめ

ゲームのユーザビリティが高いのが仇になって、なかなか根本的な事を理解させられないのに困った。

例えばクリーチャーの配置制限(侵略時には防御型クリーチャーは使えない、とか)にしても、クリーチャーを選ぶ段階で選択肢から消えている為、失敗する事が出来ない

「なぜこのカードを使えないのか?」という疑問を引き出すために、はじめは配置制限無しのカードだけでブックを編集した方がいいかもしれない。

 

トラックバック(0)

このブログ記事へのトラックバックURL:
http://1000leaf.net/MT41/mt-tb.cgi/146