宇宙のランデヴーが映画化…

アーサー・C・クラーク原作の「宇宙のランデヴー」映画化か?

宇宙のランデヴーが映画化されるらしい。
ずいぶん前からそんな話はあったけど、こんどこそ現実になるかな?

宇宙のランデヴーってのは、アーサー・C・クラークの小説。1973年の作品。

何世紀か未来。小惑星ラーマが太陽系に向かって飛んでくる。
小惑星だと思ってたら、筒状の人工的な建造物(ガンダムで言うスペースコロニーみたいなもの)であることがわかる。
敵なのか味方なのか見極めるために宇宙船で乗り移ったんだけど、鯨に飲み込まれたプランクトンみたいに無視される。

っていうお話。

光線銃も宇宙人も無しで、謎の物体ラーマの調査で明け暮れる地味なお話なんだけど、その世界感が圧倒的で、浸っているだけで楽しい。終わり方も実に良い。

確かに、ラーマ内部は映像にして見せて欲しいけど、ちょっと残念な気もするね。
具体的なもの見せられちゃうとそれに固定されちゃうからなあ。

でもやっぱり見に行くだろうなあ。モーガン・フリーマン好きだしなあ。

2009年公開するつもりらしいから、その前に原作読んでおいたほうがいいよ。
映画→小説じゃ味わえないものが絶対あるよ。

宇宙のランデヴー (ハヤカワ文庫 SF (629))
宇宙のランデヴー (ハヤカワ文庫 SF (629))アーサー・C・クラーク

おすすめ平均
stars非生物的生物?
stars最高の読後感
stars久しぶりに昔を思い出した。
stars幾何学的スペクタクル
stars未知の宇宙船をめぐる冒険小説の傑作

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 

コメント(1) コメントする

ザッピング運営事務局 2008.10.25

※このコメントは、
ザッピングをご利用して頂いているユーザー様を対象にお送りしております。
既にタグを変更して頂いている方にもコメントしてしまう場合がございますが、
ご容赦くださいませ。

「ザッピング」をご利用いただきありがとうございます。
運営元の(株)ブログウォッチャーと申します。

この度、「ザッピング」のURLが、弊社側のシステムミスで、
http://thatsping.com/ から、 http://thatsping.jp/ へ変更になりました。
その関係で、ページに貼って頂いているタグを変更して頂く必要がございます。

以前のタグのままの状態ですと、
検索ワード等の情報を取得できない状況が発生しております。
ご迷惑をおかけしまして、大変申し訳ございません。

誠にお手数なのですが、
http://thatsping.jp/tagcode
に新たなタグ情報が記載されておりますので、
ご参照の上、タグを変更して頂けると幸いです。

今後とも、「ザッピング」を何卒宜しくお願い致します。

 

トラックバック(0)

このブログ記事へのトラックバックURL:
http://1000leaf.net/MT41/mt-tb.cgi/100