小さいのにしっかりラジコンな『カウル(CAUL)』を買った。

いつもトミカばっかりなので、たまにはってことで子どもたちにラジコンを買ってあげた。最近タカラトミーが発売した『カウル/CAUL』というシリーズだ。

お値段なんと600円。トミカ2台分のお値段なんである。
俺達がガキの頃のレーサーミニ四駆と同じお値段なんである。
それでラジコンだっつうんだから驚きだ。

さすがに600円じゃ大したもんじゃないだろーとタカくくってたら、これがまた、すこぶるイイ感じなんですよ。

作りはシンプルで、ミニ四駆を半分くらいに縮小して前輪を左右に振れるようにしただけ。電池は単4を2本。
組み立てはミニ四駆より簡単。
 

カウルはとにかくタフ

電池はカバーでがっしり固定するので落としてもひっくり返ってもいちいちボディ外して電池入れなおして…ってことにはならない。

前輪の稼動部分が脱臼しやすい構造になってて、無理な力が加わったとき、折れたり曲がったりする前に脱臼するので結果的に壊れにくい。

シャシとボディはツメではめ込む構造になってるんだけど、前後のバンパーが外れるので、グシャッと踏んづけてもツメが欠けて再起不能…ってことになりにくい。

子どもたちは何度も落としたり踏んづけたりしてたけど、まだまだぜんぜん走ってる。

素晴らしいよタカラトミー『カウル(CAUL)』!
コンビニなんかでも売ってるみたいなので買うべし!

ひとつ注意すべきは、

バンドが2個しかなくて、切り替えもできない。ということは三台以上で競争することはできない。商品パッケージにAタイプ・Bタイプって表記されてるので、買うときは注意されたし。

ウチでは兄と弟に二人ともAタイプを与えてしまって悲しい思いをした。二人とも初めてのラジコンなので訳も分からず楽しんでいたのが不幸中の幸いだったけど。

,

 

トラックバック(0)

このブログ記事へのトラックバックURL:
http://1000leaf.net/MT41/mt-tb.cgi/84