槍アクション映画「300」をみた

なんとなく気が向いたので映画「300」を観てきた。

子供生まれてから行けなかったから、なんと映画館に行くのはLORの一作目以来だ。4,5年ぶりだ。

で、映画なんだけど、面白かったよ。

槍であんなにもカッコいい殺陣(チャンバラ)ができるなんて思いもしなかった。槍、いいね!見直した!

チャンバラシーンも女子供でも強く見えちゃう短いカットをつなぎ合わせて闘ってる風に見せるアレではなくて良かった。

最後スパルタ人の偉いやつが「神秘主義と専制政治をやっつける」みたいなことを言ってたんだけど、別にそんなCivilizationみてーなこと言わなくても良いのに。と思った。
もとの英語がなんて言ってるのかは知らないけど、なんでああいう風に訳したのかな?やっぱ訳した人がCivilization好きだったんかな。

やっぱこれからの時代は槍だなー。
漫画家連中もそろそろカタナばっかり使うのやめて、槍使ったらどうなの。槍。

 

トラックバック(1)

このブログ記事へのトラックバックURL:
http://1000leaf.net/MT41/mt-tb.cgi/71

映画DVD情報ナビ 映画 300 2007.06.26

映画 300(スリーハンドレット)の紹介です。 紀元前480年。スパルタ王レオニダスのもとに、 圧倒的な軍力を誇るペルシア帝国・クセルクセス王の 遣... 続きを読む