久しぶりに偏頭痛

今日はひさしぶりに偏頭痛にやられた。

午前中、いつもどおりに仕事していたら急に視野に見えない部分が出来た。焦点のちょい左の一部分がテレビの砂嵐みたいな感じで曇ってしまって、マウスカーソルがどこに行ったか分からなくなってしまう。
左側のワイパーが壊れてしまった車で雨の中を走ってるような感じだ。別に走れなくは無いけど…っていう。

この状態は30分くらいで治まる。「なんだったんだろ?」と思ってると、急に頭痛が始まる。
(さすがに今回は分かっていたので、ちょっと心許ないがあらかじめノーシンを飲んでおいた。)

さっき見えなかった部分の反対側の頭が痛くなる。最初はこめかみと額、だんだん右側全体が痛くなって、最後は後頭部。血管がドクドクいってるのが音になって聞こえる感じ。この状態は二時間くらい。

初めてこの症状が出たのは去年の12月だった。そん時はさすがに焦って脳神経外科へ行った。
目が見えなくなった時点で、”あたって”しまったのかと思った(標準語でなんて言うんだ?)。頭痛薬を飲まないで頭痛を迎えたので酷い状態だった。病院の待合室で、子どもの声が頭にギンギン響いてイライラした記憶がある。
で、看てもらったら偏頭痛だと言われた。実は「偏頭痛もち」だったらしい。普通は中学生くらいで初体験するもんなんだと言われたが(汗
まぁ鈍感な思春期を過ごしてた自分なので風邪かなんかだと思っていただけかもしれない。

目が見えなくなるのは、ストレスとか疲れとかで脳の血管が萎縮してしまって一時的に機能障害がおきるかららしい。んで、「これじゃいかん!」と焦った脳が「ガソリンよこせ!!」と血管のバルブを全開にする。
すると今度は脳がオーバーヒート気味になって頭痛になるというプロセスなんだと。

自分は視神経にきたが、人によって手足がしびれたりいろいろなんだそうな。ただ、左右は対象になると言ってたような気がする。頭の片側だけが痛いから、偏頭痛って言うんだってさ。

原因は疲れとかストレスとからしいけど、正直、わかんない。滞ってる仕事があるにはあるがそんなことでへこんでるつもりはないし、考えなきゃいけないことは沢山あるけどそれも職場まで引きずるほどのことでもない、大体、そんなの今に始まったことじゃない。

連休明けなので大きな声では言えんが寝不足はちょっとあった(汗)。最近は夜な夜な同僚に借りたPS2でスパロボをやっている。実はたいして面白いと思ってないのに、つい惰性で…。

これは要するにリミッターなんだと思う。「お前ゲームなんかやってねーでそろそろ寝ろよ」っていう。車もパソコンもリミッターが設定してある。これは負荷をかけすぎてエンジンやCPUがブッ壊れるのを防ぐためだ。人間の体にもそういうもんが備わってるってことなんだろう。

高いところや暗いところで臆病になる…のとはちょっと違うかな?

ともあれ、お陰で大事に至らなくて済んだと思えば偏頭痛大歓迎ってところだ。次はいつ世話になるだろうか。

つか自分はウノウが弱いらしい。ちょっとショックだ。

 

トラックバック(1)

このブログ記事へのトラックバックURL:
http://1000leaf.net/MT41/mt-tb.cgi/17

偏頭痛、に優しい整体 偏頭痛 2007.07.20

偏頭痛を整体(体の歪み)の立場から解説しています。お役に立てていただければと思いトラックバックさせて頂きました。よろしくお願いいたします。 続きを読む