英文スパムメールがウザイ!- Dragon's Mail Checker

自分の勤め先ではHPに長いことメールアドレスを晒してたせいで、もの凄い数のスパムメールを受け取って困ってるのだ。かといってアドレス変更するのもナンだし。
大量のスパムに埋もれて顧客のメールが混じってくるので非常にマズい状態。いつクレームが発生してもオカシクない。幸い今まで大きな事故はおきてないみたいだけど。

つうことで、コレ。 Dragon's Mail Checker はメールサーバー内を監視して、半角英数のみのメールをあらかじめ削除してしまう常駐型のソフトウェア。Windowsと同時に起動しておくだけであとは何にもしなくてオケ。
タイトルや送信者で判断するのではなく、本文に日本語が含まれているかどうかで検査するので英文迷惑メールに対してかなりの効果が期待できそう。

インストールは簡単。ソフトを解凍して起動し、メールアカウントの設定をするだけ。
監視するメールアカウントは8つまで設定できるらしい。とりあえず二つ登録してみた。
あとは毎回windows起動時に同時に起動するよう、スタートアップにショートカットを作ればオケ。
動作はすこぶる良好で、1日大体50通以上届いていた迷惑メールが半分ほどに減った。着信するメールは日本語の迷惑メールのみで、しっかり働いてくれているのがわかる。
メールサーバーに届いた時点で英文メールは消えるので英語のメールが届いたことすら気づかない(笑
常駐するソフトだけどPCの動作が重くなったという感じもぜんぜんなし。これはいいかも。
禁止ワードを含むメールを削除するって機能もあったけど、ちょっと面倒そうなので今回はパス。とりあえず英文メールが消えてくれれば良いので。

注意すべきは、メーラーに装備されたスパムフィルタや仕分け機能のように、いったんゴミ箱へ入れておくような救済措置がないこと。問答無用で消去するので導入には注意が必要。

それと、欲を言えばスタートアップ登録と禁止ワード設定は自動化して欲しかった。
いや別に自分が使う分にはまったく問題ないんだけど、弊社社員の皆さんに導入を薦める段に至ってはそういう手間が全部自分に回ってくるわけで(汗

ダウンロードサイト >>α-Lab

 

トラックバック(0)

このブログ記事へのトラックバックURL:
http://1000leaf.net/MT41/mt-tb.cgi/4